偏頭痛のお悩み解決方法|適切な対処で辛い症状とおさらば

女性

原因を知り適切に対処

カウンセリング

偏頭痛が発生する要因はいくつかあります。そのため治療を進めたいのであれば、まずは偏頭痛を引き起こしてしまう原因を知り、日常生活で工夫することが大切だといえるでしょう。

詳細

受診するタイミング

メンズ

頭痛にも偏頭痛と緊張性頭痛があります。どちらも頭痛ですが治療方法が変わります。頭痛改善をするなら正しく種類を分けたうえで、適切なタイミングを見計らって病院に行きましょう。

詳細

症状と前兆を知る

看護師

世の中には様々な痛みの種類が存在しています。中でも日常生活に支障を来してしまう種類の1つなのが頭痛です。その中でも偏頭痛で悩んでいる人は国内にも多くいます。こちらでは症状や原因をご紹介していきます。偏頭痛でお悩みの方はその解決に役立ててみてはいかがでしょうか。

まず偏頭痛とは一般的な頭痛とは違い、右か左の片方にのみ痛みが発生する症状になります。ですが症状によっては両方に痛みを感じることもあるため、詳しくは病院で検査を受けてみるといいでしょう。偏頭痛の痛みが発生する箇所は人によって違います。一般的には、こめかみあたりから目のあたりにかけて症状が発生します。症状の感じ方としては鈍痛というよりも、ずきんずきんとした痛みが持続するのが特徴です。継続時間としては個人差がありますが、数時間で症状が解消することもあれば、数日間痛みに悩まされるというケースもあります。偏頭痛が発生する頻度としては週に1回~2回発生することもあれば、月に1回~2回、もしくは数日ごとに発生するものもあります。

偏頭痛は頭部に発生するということもあり、ひとたび症状が起こると周囲のことに対して一切集中出来なくなるのが特徴です。そのため仕事中や勉強中、家事をしている最中などに襲われるとパフォーマンス能力が著しく低下するばかりか、立っているのも難しいということも珍しくありません。偏頭痛が発生している最中に無理して動くと症状が悪化することもあります。基本的には自分が楽な態勢で横になっておくことが適切な対処法と言えるかもしれません。また、痛み以外の症状としては吐き気や胃のむかつき、光に対する極度なまぶしさ、音や臭いに対する過敏な反応などがあります。先ほどもご紹介したように、偏頭痛が発症すると一切の作業が手につかなくなることが予想出来ます。そのため、偏頭痛持ちの人はその前兆を知っておくことでスムーズに症状に対して対処することが可能になります。ですが偏頭痛持ちの中でも前兆がある人もいれば、そうでない人もいます。一般的に前兆があるという人は患者の中でも2割から3割だと言われています。具体的な前兆としては、急に目の前にフラッシュのような光が現れる症状や、視界が悪くなる閃輝暗点症状があります。閃輝暗点症状とは、視野の中に突然、チカチカ光るものが見え始め、それが次第に大きくなることを言います。片側、もしくは中心部の視野を完全に失ってしまうため、運転中などは大変危険です。また人によっては温度や接触の感覚が鈍くなる症状や、失語性言語障害がおこることもあります。

偏頭痛は痛みを感じているときは大変苦しいのですが、その症状が治まると痛みが一切なくなります。そのため人によっては治療せずにそのままにしていたり、市販されているような痛み止めでその場をしのいでしまったりするという人も少なくありません。ですがこの偏頭痛の頻度が増えて来たり、痛み止めの効果がなくなってきたりするようであれば偏頭痛以外の病気を疑うことも出来ます。心当たりのある人は早い段階で病院を受診しておきましょう。

頭痛外来や経内科で診察

看護師

辛い偏頭痛は、市販の薬を飲んでその場しのぎにするだけでは改善されません。原因を明確にし、正しい対処法を知る必要があります。医療機関を受診する時は、頭痛外来や神経内科、または脳神経外来を受診してみましょう。

詳細

気圧の変化と痛みの関係性

ウーマン

天候や気温の変化によって偏頭痛の痛みが強くなることがあります。これは気圧による影響だと考えられています。また、室内と室外の温度差がひらきすぎると、自立神経系の機能が崩れやすくなり偏頭痛を引き起こしやすくなります。

詳細