偏頭痛のお悩み解決方法|適切な対処で辛い症状とおさらば

男の人

頭痛外来や経内科で診察

看護師

耐え難い痛みを感じてしまう偏頭痛は、市販の薬で一時的に痛みを和らげることもできますが、その場しのぎの対策にすぎず根本的な解決策とは言えません。また、市販の薬を飲み続けていると依存してしまう恐れもあるので、正しい治療を受ける必要があります。偏頭痛を改善したいのであれば、医療機関を受診しましょう。どの診療科を受診して良いか迷った時は、頭痛外来や神経内科、脳神経外科を受診すると良いでしょう。これらの診療科であれば、細かな診察も行なえます。頭痛外来であれば、頭痛全般に関する診察や治療を行なってくれます。そこで痛みの原因を解明して、適切な治療方法に取り組みましょう。

偏頭痛には、あらわれやすい年代というものがあり、男性であれば20代から30代、女性は30代から40代にかけて痛みを感じると言われています。両者とも、働き盛りと言われる年代に差し掛かった時期に偏頭痛を発症することが分かっています。この年代になれば、仕事では責任が重くなり、環境の変化によるストレスも増えやすいので体調を崩し、偏頭痛の痛みが増す傾向にあります。軽度の痛みであれば、マッサージやツボを押すことで改善されますが、長期間続くようであれば必ず医療機関を受診しましょう。また、生活習慣を見直して改善を心がけましょう。偏頭痛を誘発する食材は意外にも多く、ポリフェノールを含んでいる赤ワインやチョコレートは痛みを強くしてしまいます。日頃からお酒を飲む習慣のある方や、食後の甘い物が欠かせないという方は少し減らしてみることから始めてみましょう。