偏頭痛のお悩み解決方法|適切な対処で辛い症状とおさらば

男の人

原因を知り適切に対処

カウンセリング

偏頭痛とは頭部の片方、もしくは両方に痛みが発生する症状のことを言い、要因とされているものにはいくつかの種類が有ります。それらを把握しておくことで、いざ病院を受診する際にも医師に対して症状の説明をしやすくなります。なにより普段の生活中に偏頭痛に襲われたときに適切に対応することが出来るのです。また偏頭痛は国際的な基準で分類されており、国際頭痛分類第3版beta版では前兆が有るか無いかで偏頭痛の種類を分けることが出来るとされています。

偏頭痛は主に精神的ストレスやアルコールの摂取などが原因で発生すると考えられています。そのため、悩んでいる人はこれらの要因をできるだけ日常生活から取り除くことが、偏頭痛の症状を回避するための方法になるのです。まず精神的なストレスが原因のパターンを見ていきましょう。一般的に偏頭痛を感じるのは精神的ストレスを感じている最中では無く、その精神的ストレスや緊張状態から解放された瞬間に痛みを感じてしまうというケースが多いのです。これはつまり、緊張やストレスで収縮していた血管が精神的ストレスが無くなることで広がり、血流が一気に脳内を駆け巡るためなのです。会社や学校では何の異変が無かったにも関わらず、帰宅時や休日になると急に偏頭痛が襲ってくるのはこれが原因かもしれません。症状を緩和させる方法としては、病院で処方された痛みを緩和する薬を飲む方法と併せて、休日でも規則正しく就寝、食事を取ることが重要です。

冒頭でも紹介したように、普段口にする飲食物でも偏頭痛の要因となるものが多々有ります。病院などで診断をうけた際に、医師からも注意されることが多いのがアルコールの摂取に関してでしょう。アルコールには全身の血流を促進させる効果が有るため、頭痛のきっかけになるのは明白です。またアルコールは脱水症状を招く効果も有ります。体内の水分量が足りなくなると、脳内の髄液が減少します。すると脳内の静脈が刺激をうけやすい状態になってしまい、痛みを必然的に感じてしまうのです。これらの理由から医師は偏頭痛持ちの患者さんに対して、アルコールの摂取を控えるように促すのです。次に一見なんの問題も無さそうに見えるチョコレートやチーズ、かんきつ類などの食品ですが、いったい何が問題なのでしょうか。実はこれらの食品には亜硝酸ナトリウムや、グルタミン酸ナトリウムという成分が多く含まれています。これらの成分が偏頭痛を誘発するとされているのです。痛みの改善を望むのであれば、これらの摂取もなるべく控えるようにしましょう。

また、偏頭痛を発症させる要因とされているのが女性ホルモンの分泌バランスの変化です。女性は定期的に月経が有りますが、この際にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンのバランスが崩れることで偏頭痛が起こってしまうとされているのです。月経が一時的に無くなる妊婦さんに偏頭痛持ちの人が少ないのは、このことが要因かもしれません。また女性の中には経口避妊薬、通称ピルを服用している人も多いでしょう。このピルも偏頭痛の発生に関係しているとされているのです。というのもピルの中にも先ほどと同じエストロゲンが含まれているのです。そのため前兆有りの偏頭痛持ちタイプの人の場合、ピルの服用が認められないことも有るため、担当の医師に相談しておくといいかもしれません。