偏頭痛のお悩み解決方法|適切な対処で辛い症状とおさらば

男の人

気圧の変化と痛みの関係性

ウーマン

人の体は、気温や気圧の変化によって適応しようと調整機能が働きます。しかし、現代では自宅や会社、様々な交通機関内で冷房が完備されており、室内と室外の温度差が大きくひらいています。冷房に長時間あたっていると、体が冷えてしまい体温が下がって血管が収縮してしまいます。そのような状態で室外に出てしまうと、急激な温度の変化により血管が急激に拡張してしまい偏頭痛を引き起こしてしまいます。気温が上がったことで、体温が上がり血流の流れが良くなるのは良いことですが、あまりに急激な変化は血管に負担をかけることになってしまいます。天候による影響を完全に避けることが難しいのですが、それなりに対策をたてることはできます。雨や曇の日は気圧が低くなるので、いつもの起床時間よりも少し早めに起きるようにしてみましょう。すぐに行動するのではく、布団の中で体温を徐々に上げてスムーズに活動できるように整えましょう。ゆっくりと白湯や常温の水を補給すれば、代謝も活発になってきて偏頭痛の痛みを感じることなくスッキリとした目覚めになるでしょう。日常的にメイクやヘアーアレンジを行なう方も多いとは思いますが、化粧品やスプレーなどは香りの少ない物を選ぶようにすると偏頭痛の誘発を避けることができます。特に体調が良くない時に香水などつけてしまうと、痛みが増してしまいます。慢性的な偏頭痛を感じている人であれば、人工的に作れられた香水を使うよりも、植物由来のアロマオイルなどを水で薄めアロマミストを作って利用してみましょう。アロマオイルの中には、頭痛を軽減させてくれるオイルもあります。